塾・学習塾 TOP > 特集 >幼児早期英語教育特集

幼児早期英語教育特集

幼児期~小学校低学年での語学教育の大切さ

幼い時期から始めることで大きなメリットが得られる

『何歳の子供』に『何を』勉強するかですが、 0歳から3歳のときに、外国語を始めると大きなメリットがあると言われています。 子どもの脳の発達をよく理解した上で、適切な時期に外国語を始めることが、 大切で、日本語や英語、たくさん聞かせてお話をさせてあげてください。 語学にたっぷり時間をかけることで、幼児語学のメリットを今のうちに知り、 多くのチャンスがお子様に増えることと期待できます。 メリットについては、「想像力」「コミュニケーション力」「学習意欲」など 多くが挙げられていますが、なによりも世界の「教養」が身に付くことがその先の 社会にでたときに最も役に立つことです。

早期 英語教育に力を入れている塾

年齢を重ねてから外国語嫌いにならないように

勉強ではなく、遊びとして触れ合うことから

日本の教育も大きく変化し、小学校で英語教育があります。 そこでいかに「楽に」「自然に」違う言葉の文化に馴染めるか、それもやはり幼児からの語学学習が効果的です。 幼児期のころから英語を勉強としてではなく、遊びとして触れ合うことが本当に大きく影響します。 つまり、『苦手』と意識をすることがないということこそが、幼少期や小学校低学年で英語を学ぶべき本当の理由です。 また、英語は、勉強だけではなく、特に幼い時期に始めるほど、 その頭の柔軟性から好奇心が刺激され、外国の文化などを体験できるので、 コミュニケーション能力の発達や歴史の勉強にもつながります。

英会話教室に通うことのメリット、デメリット

メリット
なによりも同じ年頃の相手と双方向で話ができることがお子様にとっては一番うれしいことではないでしょうか。
デメリット
自宅学習よりも費用がかかる可能性が高いことが挙げられます。ちなみに英会話教室の月謝平均は1万円前後ですので、 もし興味があれば資料請求や体験レッスンに行ってみるのも手だと思います。

親子での共通体験もお子様の成長を促します

一緒に成長できる場面がある幼児教育

赤ちゃんができて、お子様と過ごす生活のペースがしっかりと構築できはじめると、 おもちゃ遊びや公園デビューなど、豊かな時間の過ごし方を親としては考慮し始めることと思います。 乳幼児から色んな習い事があって、わが子の可能性を広げるために、お悩みになることもあるでしょう。 そんなとき幼児教室がおすすめです。 などではお子様と一緒に勉強ができるところもあり、一緒に成長ができる場面を授けてくれます。 皆で絵を見ながら単語を覚えていったり、英語の歌をうたったり。 踊りながら楽しんで基礎から英語を教えて貰えます。 お子さんにとって、英語だけではなく、好奇心や想像力を広げられるような カリキュラムになっている教室もありますから、この機会にそれぞれの教室の教室の特徴を調べてみてはいかがですか?

早期 英語教育に力を入れている塾

あなたにぴったりの塾・学習塾・進学塾をさがす

塾を地域で探す

地域で検索
幼児・小学生・中学生それぞれに ベストな塾を、地域や最寄駅から 検索できます。
今すぐ塾を探す

ランキングで探す

ランキングで探す
1万件以上の口コミと塾予備校 ナビの審査基準から全国の学習 塾・進学塾のランキングを御紹介
今すぐ塾を探す

塾名で探す

塾名検索
評判に聞いた塾や、近くでみた あの塾に資料請求が可能です。

今すぐ塾を探す

塾の選び方についてご説明

塾の選び方
そもそも塾選びってどうするの? そんな疑問に答えます。 塾選びの仕方を全力でサポート。
詳しくはこちら

塾予備校ナビの使い方

今塾予備校ナビから入塾すると全員に3000円プレゼント