塾・学習塾 TOP > 特集 > 漢字検定特集

漢字検定特集

中学生時の内申書、受験時、社会人へ向けて役立つ漢検

「漢字検定」は、漢字の能力を測定する技能検定です。 漢字検定の資格を取得が出来ることはもちろん、漢字検定の勉強に取り組むことで 普段読み書きする漢字の、表面上の知識だけ得るのではなく、 漢字の意味を理解し、文中で漢字を適切に使うことを学べます。

漢字検定の問題で勉強すれば中学生の場合、資格取得だけではなく、テストにも有利と 言われています。また歳を取るにつれて、漢字の読み書き等が分からないと、困る場面も 増えていきます。漢字検定の問題に取り組むことで、社会人になったときにも役立つのです。 漢字検定を持っていると、就職や進路などの重要な場面で評価されることもあります。
漢字検定の合格基準は級によりますが、7割~8割の得点を取れば合格出来ます。 漢字検定の日程は年に3回の開催が設置されています。 申し込み期限は試験当日の1か月前です。 漢字検定は日程の把握ミスや、検定料の不備で受験出来ないという 自体にならないようにしましょう。

画像

漢字検定の勉強法

漢字検定は過去問題をとにかく解くことが良いと、インターネット上でも情報が載っています。 とにかく漢字検定の過去問題を取り組んで数をこなせば必ず合格に近づきます。 漢字検定の過去問題で勉強するメリットは「参考書などで、出るか出ないかわからない漢字を覚えなくていい」という ことです。
莫大な量を勉強するのではなく、漢字検定の過去問題で傾向をしっかり掴む方がお勧めです。 とはいえど、漢字検定の問題は、年ごとに傾向等は様々ありますので、 漢字検定の日程のことなども含めて、漢字検定の勉強に力を入れている塾に通って勉強することをおすすめです。

漢検は2級を目指そう!

漢字検定は、10級、9級、8級、7級、6級、5級、4級、3級、 準2級、2級、準1級、1級と12段階のの難易度に分かれています。 難易度としては、10級から5級までが小学生レベルの問題で、4、3級が中学校レベル、 準2、2級が高校生から大学生レベル、準1、1級はそれ以上となっています。

これだけ、「級」があるとどこを目標にしていいか迷ってしまう方もいるかと 思いますが、おすすめしたい級は、ずばり「2級」です。 というのも、2級の問題の出題の難易度が「すべての常用漢字を理解できているか」を 問われているからです。

このレベルであれば、受験勉強の一環としても、漢検を活用することが、 できますし、高校受験においても評価の加点対象になったりすることもあります。 また、社会人になった時にも、漢字がわからなくて恥ずかしい思いもすること もなくなるでしょう。

また、準1級以上のレベルの試験になると、 常用漢字以外も出題範囲となり、 通常では、ほとんど使われないような漢字の読みや 見たことのない漢字もなども出題されるのでかなり難易度は高くなります。 ここまで漢字を勉強してきて「漢字が大好き!」という方や、 「漢字に興味が沸いた」という方が力試しに受けてみるのも 面白いかもしれません。 漢検を取得してマイナスになることはありません。 まずは、漢検2級を目指してみましょう!

漢字検定取得におすすめの塾

あなたにぴったりの塾・学習塾・進学塾をさがす

塾を地域で探す

地域で検索
幼児・小学生・中学生それぞれに ベストな塾を、地域や最寄駅から 検索できます。
今すぐ塾を探す

ランキングで探す

ランキングで探す
1万件以上の口コミと塾予備校 ナビの審査基準から全国の学習 塾・進学塾のランキングを御紹介
今すぐ塾を探す

塾名で探す

塾名検索
評判に聞いた塾や、近くでみた あの塾に資料請求が可能です。

今すぐ塾を探す

塾の選び方についてご説明

塾の選び方
そもそも塾選びってどうするの? そんな疑問に答えます。 塾選びの仕方を全力でサポート。
詳しくはこちら

塾予備校ナビの使い方

今塾予備校ナビから入塾すると全員に3000円プレゼント