塾・学習塾 TOP > 特集 > 英検対策におすすめの塾

英語検定特集

将来、センター試験時、英語の幅を広げるときに役立つ英検

英検とは、年間230万人が受験する日本で最も人気のある資格のうちの一つです。 英語の技能を形として残せるもので小学生から社会人と幅広い方が毎年受験しています。 最近では、英語教育の低年齢化から、学校でもひとつの 学習目標として、英検の資格取得を進めているところも多いです。 目標設定もしやすく、学習の理解度・レベルに応じ 7つの段階(5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級)に分かれています。

画像

英検の難易度と合格率

まず、英検5級は、中学1年生程度のレベルの試験になります。試験の 内容としては、1次試験のみで「筆記試験」と「リスニング」となって います。 合格率としては、受験者の約80%が合格しているので、 難易度は、そこまで高くなく、小学生でも合格者もいます。 次に4級ですが、中学2年生程度のレベルの試験です。 試験内容は、5級と同様に一次試験のみの「筆記試験」と「リスニング」となっています。 4級の合格率は、約70%ほどで中学生の受験数が多いのが特徴です。 3級は、中学校3年生程度の難易度になっています。 また、3級から1級までは、1次試験の「筆記」「リスニング」の他に、 2次試験の「スピーキング」も行われるようになります。 そのため、合格率も約50%と4級、5級と比べると低くなっていることからも、 だんだんと難しくなっているのがわかるかと思います。 スピーキングの試験も始まるこのあたりから、 独学だけでは、難しくなってくることもあり、塾などで対策することも 考える必要が出てきます。 「準2級は、高校2年生程度」、「2級は高校卒業程度」の難易度で、 合格率も「準2級が約35%」、「2級が約25%」ほどと低くなっていきます。 最後に準1級と1級についてですが、 「準1級は、大学中級程度」「1級は大学上級」のレベルになります。 合格率も「準1級が約15%」「1級が約10%」とかなり難しくなります。

英検を受けるなら採取的にまずは3級を目指そう!

そのため、英検3級に関する対策や情報は インターネットや本等でたくさん出ています。 英検3級は中学生レベルの英語を理解しているということになり、 今後英語の幅を広げるための基礎知識の部分を理解しているといっていいでしょう。 また、その次の英検準2級を取得すると、英語に関しての幅を広げ、 いろいろなシーン使える英語を理解していると言われています。 英検準2級では、筆記に加え、リスニングとスピーキングが追加されます。 英検準2級はレベルが高く、資格取得に向けて勉強すると、 かなりの英語力がつくと考えています。

画像

英検を受けるならこの塾がおすすめ

階級にもよりますが、英検を家庭だけの勉強で合格するのは難しいことです。 3級以上を目指すなら英語教育に力のある塾に通うことをおすすめします。 英検合格に向けた勉強法やコツ以外にも英語力の身につき方が、自宅学習と塾では圧倒的に差が付きます。 英語は「問題の質」にこだわりがあり、将来に向けて実用的に使える英語の理解を推奨しています。 学生のうちの勉強のひとつというだけではなく、入試のセンター試験時や社会に出ても通用するような実用英語の 理解を推奨しています。ぜひ今、学習目標のひとつとして取り組んでみてはいかかがですか。 そこで、英検の資格取得に関して力を入れている塾様を、ご紹介します。英検の日程に関してのことや、英検の勉強法など を聞き、資格取得に向けて勉強してみてはいかがですか。

英検アカデミー
『英語を得意科目にできる』英語専門の個別指導塾
詳細を見る
女の子

あなたにぴったりの塾・学習塾・進学塾をさがす

塾を地域で探す

地域で検索
幼児・小学生・中学生それぞれに ベストな塾を、地域や最寄駅から 検索できます。
今すぐ塾を探す

ランキングで探す

ランキングで探す
1万件以上の口コミと塾予備校 ナビの審査基準から全国の学習 塾・進学塾のランキングを御紹介
今すぐ塾を探す

塾名で探す

塾名検索
評判に聞いた塾や、近くでみた あの塾に資料請求が可能です。

今すぐ塾を探す

塾の選び方についてご説明

塾の選び方
そもそも塾選びってどうするの? そんな疑問に答えます。 塾選びの仕方を全力でサポート。
詳しくはこちら

塾予備校ナビの使い方

今塾予備校ナビから入塾すると全員に3000円プレゼント