塾・学習塾 TOP > 東京都の塾 > 市区町村から探す

あなたにぴったりの学習塾・進学塾をさがす

塾を地域で探す

地域で検索
幼児・小学生・中学生それぞれに ベストな塾を、地域や最寄駅から 検索できます。
今すぐ塾を探す

塾・学習塾ランキングで探す

ランキングで探す
1万件以上の口コミと塾予備校 ナビの審査基準から全国の学習 塾・進学塾のランキングを御紹介
今すぐ塾を探す

塾名で探す

塾名検索
評判に聞いた塾や、近くでみた あの塾に資料請求が可能です。

今すぐ塾を探す

塾の選び方についてご説明

塾の選び方
そもそも塾選びってどうするの? そんな疑問に答えます。 塾選びの仕方を全力でサポート。
詳しくはこちら

塾予備校ナビの使い方

今塾予備校ナビから入塾すると全員に10000円プレゼント

【東京都の学習塾・進学塾の特徴】
東京(23区内)では、子どもの通塾率は1980年頃がピークと言われています。
それでも2006年までは、学習塾に通う小学5年生は51.6%(「進学塾」30.5%、「補習塾」14.1%、「その他」5.6%)に達しており 大都市を中心に子どもの通塾率は加熱状態でした。
しかし、年々進む少子化やゆとり教育の推進などの関係から、学習塾業界を取り巻く環境は大きく変化していると言えます。
総務省の推計によると、2007年10月1日時点の日本の子ども(14歳以下)の数は、前年より7万人少ない1,740万人で、総人口に占める子どもの割合は13.6%と過去最低を更新したそうです。
子どもの減少により、近年では塾の市場規模が縮小し続けています。しかし、熾烈な競争がある分、厳しい市場環境にあるからこそ成長を続ける塾も出てきています。
最近、伸びているのは個別指導タイプの塾です。塾市場全体は縮小しているものの、個別指導タイプの塾に限れば、近年は増加傾向にあります。
個別指導塾の一番のメリットは、個々の生徒に合わせてカリキュラムを組むため、一人ひとりの能力に合わせた学習レベルと学習スピードで指導が進められます。そのため、生徒自身はもちろん保護者からの需要が高いようです。
また、最近では大手学習塾や中堅の塾が同業との合併・提携を進め勢力を拡大しています。それぞれの持っている教材、ノウハウ、人材が統合されて、内容に厚みが出るということと、塾側にとっても従業員の雇用維持ができるというメリットがあります

【東京都の特徴】
東京は、日本の経済の中心地であり、都道府県で人口が一番多い都市です。
平成25年5月1日現在の東京都の人口は、推計で13,269,061 人となりました。
区別で言うと、1位が世田谷区 890,239人、2位が練馬区719,168人、3位が大田区699,569人です。
企業数も都道府県で第一位です。本所・支所別に民営事業所数をみると、民営事業所数上位5都府県のうち、
上位3都府県は対全国比で「本所・本社・本店」の割合が「単独事業所」、「支所・支社・支店」よりも高く、東京都は 16.3%で第2位の大阪府を大きく引き離しています。